「Onix VR Pulsar」4K映像でリフレッシュレート120Hz、モジュール型 新興HMDが2017年に登場 【@maskin】

VR/AROnix VR, Pulsar, VRヘッドセット

VR/ARの未来はヘッドセットにかかっている。そう言っても過言ではない。だからこそ進化が早い。現在あたりまえのスタイルも、表現能力も、数ヶ月で時代遅れになるのは必至だ。

54596_01_4k-120hz-way-vr-headsets-onix

そういう意味では「Onix VR」ヘッドセットのモジュール構造は魅力的だ。ハイエンドVRと呼ばれるこの製品は、視野を覆うような湾曲した4Kディスプレイ(LG社の「G Flex 2」)を搭載する。リフレッシュレートはPlayStation VRと同じ120Hz。全体がモジュール構造になっており、AR用センサーを装着することもできるという。

screenshot_1452

インターフェイスはThunderbolt 3互換のUSBポートで、Blutoothにも対応。現時点ではGPUなどの詳細は明らかになっていないが、オープンソースのまもなくKickStarterのプロジェクトをスタートする見込だ。実際の販売価格は800ドルから1000ドル程度になる見込み。発売は2017年を予定している。

なお、追加オプションとしてアイトラッキングやヘッドバンドの交換、OSVR(The Open Source Virtual Reality platform)への対応が予定されている。

【関連URL】
・Onix Virtual Reality
http://www.onixvr.tech
・Onix VR’s Pulsar headset could offer 4K virtual reality, but not till next year
http://www.digitaltrends.com/virtual-reality/onix-vr-pulsar-4k-hmd/#/2
・Choose Your Own VR: Onix VR Is Building A Modular HMD With A Curved 120Hz 4K Display
http://www.tomshardware.com/news/onix-vr-120hz-4k-hmd,32905.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 魅力的だがまだまだ発展途上という印象もある。これはこれで現時点で利用する楽しみがあるが、まだ大きいし、まだ高額だし、まだものたりなくなるのだろう。注目したいのはハードウェア水準と、主役となるエコシステム。ここで挙げられたOSVRのようなオープンソースがスタンダートとなるか、特定のベンダー連合なりプラットフォームがメインストリームを形成するかまだまだわからない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

VR/AROnix VR, Pulsar, VRヘッドセット

Posted by maskin


PAGE TOP