5月3日 ゴミの日に、オンラインゴミ拾い大会「PIRI-CUP」開催

NewsPIRIKA, ピリカ, 小嶌不二夫

 2014年5月3日、1年で最も多くのゴミが拾われる「ゴミの日」に、オンラインゴミ拾い大会PIRI-CUPが開催される。昨年は13か国から参加され30,000個のゴミが拾われたとのこと。

 参加は無料で、無料のゴミ拾いアプリ「PIRIKA」を使用してゴミ拾いの模様を投稿してその数を竸うもの。

 今回は3回目で、1日のゴミ拾得の目標値を前年の倍以上となる10万個と大幅に増加。協賛企業からの賞品も多様だ。

・アマゾンギフトカード10,000円分×3名様
・天丼てんや食事券3,000円×10名様
・高級ゴミ拾いトング MAGIP ZERO×5名様
他にもいろいろ…

 ピリカは2011年、世界中の不法投棄ゴミ問題を解決するために生まれた会社だ。現在約3万のユーザーを抱える「ゴミ拾いスマホアプリPIRIKA」と、70ほどのアカウントが開設された「企業・団体版ピリカ」の2種類のサービスを通じて、これまでに世界69ヶ国から350万個を超えるゴミが拾われた。

 2013年12月から翌3月にかけJCB・宮城県と提携して「宮城限定ゴミポイント:宮城県内でゴミを拾うと、JCBのポイントがもらえるキャンペーン」を実施し約27万個のゴミが拾われるなどの実績を生んできた。

 PIRIKAの収益は、75%以上を協賛広告費で得ているが、これまでの清掃実績を活かして2014年から行政向けの清掃活動管理や見える化サービスの提供を進めていくとのこと。

 PIRIKAの小嶌不二夫氏は「ぜひこの機会に皆さんに1つでもゴミを拾って頂ければと考えています」と抱負を延べた。



【関連URL】
・オンラインゴミ拾い大会PIRI-CUP
http://piri-cup2014.strikingly.com/
・PIRIKA(ピリカ)が世界1位、ドイツ「ecosummit」のオンライン投票で 【増田 @maskin】
http://techwave.jp/archives/pirika_get_the1st_eco13_nominees.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw たった一つのポイ捨てタバコを拾うだけでも、景観も心もクリーンになる。簡単なことだけど想像以上に影響力のある行為がゴミ拾いだと思う。時には勇気が必要だったり、ひんしゅくを 買うこともあるだろうけど、こうした行動が世界につながっていくことで何か大きな変化をもたらすことにつながると思う。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me