幻の最強スマホOnePlusに「2」が登場 【@maskin】

NewsOnePlus, SIMフリー, スマホ

大手メーカーが注力するフラッグシップモデルを超える性能を持つ、最強のスペックとコストパフォーマンスを標榜するスマホ「OnePlus」シリーズに後継モデルが登場する。

開発するのは、中国のスマートフォンメーカー「OnePlus」。同じく中国国内のスマホメーカーOPPOの幹部だったPete Lau氏が2013年に立ち上げた会社で、初号機を2015年4月23日に出荷したが、あまりの売れ行きに在庫切れが続出、幻のスマホと揶揄されていた。

それもそのはず、162グラムの筐体に、5.5インチ 1080p Full HDのJDIディスプレイ(ゴリラガラス3)、CPUはQualcomm Snapdragon 801 プロセッサ(2.5GHz Quad-core)、メモリは3GB、カメラは1300万画素ー4Kステレオ撮影対応、バッテリーは3100mAhという、グーグルのNexus5をしのぐ仕様ながら価格は実売で300ドルを切る低価格。一般ユーザーのレビューを見る限りでは快適に動作すると高評価になっている。

後継機種「OnePlus 2」の出荷は2016年で、価格は329ドルから。


OnePlus 2 は指紋認証に対応、最新の技術仕様テンコ盛り

 OnePlus 2は、5.5インチフルHDディスプレイに、CPUはSnapdragon810にアップグレードされている。

 メモリは大容量4GB(高速なLPDDR4 RAM)、グラフィックにはAdreno 430を採用、USBコネクタは裏表がないType-C、指紋認証やデュアルSIMにも対応した。バッテリは初号機より多い3300mAh。

usb-port-img

5.5インチの1080pディスプレイは、コントラスト比1500:1のIPS LCDを採用。画素密度は401 PPIとGalaxy S6やNexus 6に劣るものの、視野角が178度とのことで実際の使用感を確認したくなる。

truly-colors-img

 カメラは1300万画素、F値は2.0、光学手ぶれ機能も搭載して、夜間でもくっきり撮影することができそうだ。

laser-focus

OnePlus社は、周辺機器やアクセサリの開発販売を行っており、こうしたスキンの提供を計画されているようだ。

styleSwap-view-img

これまでの流れを考えるとGalaxyやNexusの同等性能を持つフラッグシップ機の実売価格は1000ドルは下らない。そう考えると、これだけのスペックで、予定されている価格が329ドルからというのは相当刺激的といえるだろう。


【関連URL】
・OnePlus 2
https://oneplus.net/2
・OnePlus公式サイト
https://oneplus.net/about-us

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 執筆時点で予約招待状の申し込みがすでに37万ほどになっていて(見る見る増加中)、話題性の高さが伺える。

Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me