「Allo」Googleがメッセージングアプリを公開へ 【@maskin】

NewsAllo, google, line

2016年5月に北米で開催されたイベント「GoogleI/O」で発表されたアシスタント連動型メッセージングアプリ「Allo」の正式版が公開されるようだ。

洗練された機能が満載のテキストチャットのみならずビデオチャットにも対応。チャットボット型のアシスタントによる情報提供機能やセキュアな「Incognito」モードが注目されていた。アプリはAndroidのみならずiOSにも対応。記事執筆時点(JST2016-09-21 20:00)ではストアで公開されていないようだが、まもなく無料でダウンロードできるようになる見込だ。


smartreply

欧米型スマホメッセージング!? 将来はサービスの中核に?

Alloの特徴は大きく2つ。まずは、emojiやスタンプ、スラング的な文字表現、GIFアニメ、動画、手描き画像など欧米ならではの対話表現機能。SnapChatやWhatsUPMessagerで流行しているような機能の多くが搭載されているようだ。

もう一つはアシスタント。これはチャットボット「Google アシスタント」のプレビュー版を使用し、対話型でGoogleのサービスから情報を提供するというもの。ニュースや天気、交通状況、スポーツの結果など対応するものはさまざま。Googleのサービスと連携。はじめは英語のみだが、各種言語に対応するという。

また、Alloは、プライバシーとセキュリティ対策をうたっており、業界標準の暗号化技術(TLS)に対応するとともに、Incognitoというエンド-to-エンド暗号化およびプライバシー対策が施された状態でチャットを利用することができるという。




【関連URL】
・Say hello to Google Allo: a smarter messaging app
https://googleblog.blogspot.jp/2016/09/google-allo-smarter-messaging-app.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 向かうところはLINEか。LINEがチャットベースを起点とするサービスプラットフォームを構築しようと考えているとするならば、Googleは多数のサービスプラットフォームをチャットで価値化しようとしていると考えるべきか。ただ、Googleはこの手のサービスで何度も失敗している。そもそもの発想と、その先にあるビジョンは今後のGoogle(またはABC)の行く足場をかためてくれるのだろうか?

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

NewsAllo, google, line

Posted by maskin


PAGE TOP