IT起業家がいっぱい、子供から大人まで一般の人が作ったペーパープロトタイピング企画書23枚を全公開 @maskin

国民総プログラマー化計画

TechWaveは2013年から一般の人を対象とした啓蒙プロジェクト「国民総プログラマー化計画」を粛々と展開しています。主な活動はペーパープロトタイピングキットを使って、一般の人にスマホアプリの企画を考えてもらうというワークショップです(紙の上で「スマホアプリを考えよう!」 国民総プログラマー化計画 vol.1【増田 @maskin】)。

去る2017年3月5日、京都府にあるけいはんなプラザで開催されたイベント「サイエンス・ワークショップ in けいはんな」で、日本マイクロソフトさんが来場者を対象にペーパープロトタイピングキット(PDF)を使ってワークショップを行なってくれました。


このペーパープロトタイピングは、設問に答えることで、企画の骨子や強み、アピールポイント、として画面遷移を整理しながらまとめることが可能になっています。さらにはプロモーションプランや成長目標まど設定するため、その人の創造性や事業可能性までざっくり把握することが可能です。

今回は、イベント会場で企画を提出してくれた子供から大人まで23人分の企画書を一挙公開します。

★各作品の著作権は企画者本人に帰属します。

【関連URL】
・サイエンス・ワークショップ in けいはんな
https://kscan.jp/events170305/
・ペーパープロトタイピングキットversion1.8
https://www.dropbox.com/s/45vlkaiy4lcy4fd/so-pro-ui-form_ver1.8-new.pdf?dl=0

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 これまでショッピングモールや廃校、フードコート、教室などなど多様な場所で実施してきたペーパープロトタイピング。下は3歳からご高齢の方までが参加してくれました。見ればわかる通り、斬新な視点、的確なニーズ把握、そして大きな「やぼう」まで実によく考えてくれています。IT業界にいると、リアルな消費者の考えをキャッチアップする機会が少ないのが現実で、結果としてしばしば「消費者はもっと簡単なものしか受け入れない」という妄想に支配されることが多いのですが、実際は高度なツールを使い、細かいところまでよく考えているということがわかります。どうぞみなさんの会社やイベント、ご家庭などでもやってみてください

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in ペーパープロトタイピング, ワークショップ, 国民総プログラマー化計画
[セミナー受け付け開始] HTML5モバイルアプリDAY 【@maskin】

fladdict 深津氏らが手がける 「ペーパープロトタイピング・パッド for SmartPhone」(THE GUILD) 、アプリHackersラウンジ出展者情報 (11) 【@maskin】 #apphackl

「やりたいことがなくてもだいじょうぶ。おれもそうだった」 起業家から学生へ珠玉のメッセージ IVSワークショップ【湯川】

Close