Snapmart(スナップマート)、定額制プランで個人ユーザー拡大へ

C2C

スマートフォンで撮影した写真を気軽に販売することができるサービスとして2016年6月1日にスタートして脚光を浴びた「スナップマート」。1年間に1400社が写真を購入していますが、さらなる成長のために新たに始めたのが月額990円(税込)から利用できる定額プランです。


表で見ると若干複雑ですが、月にダウンロードできる枚数が一般向けで5枚から30枚で段階的に定額費用が変化する構造です。エンタープライズ向けでは100枚から1000枚/月というプランもあります。

最安ラインは月5枚までのプラン「ライト」の年間契約で月額980円(税込)。なお、当月使いきれなかった分は90日間繰越できるようになっているとのことです。一枚ごとで購入できるプランも併存しますが、一定枚数を購入するのであれば定額プランがお得になるという設計です。

サイズが1→3種類に

これまでの「スナップマート」は写真のサイズが規定1種類に固定されていましたが、原寸大とMサイズが追加され3種類に拡大しています。また、人物写真のうち「モデルリリース」(肖像権使用許諾書)」を取得したものは、一律25%価格がアップしています

2017年内に5000社を目標

現在「スマップマート」の購入利用社(個人を含む)は1400社ほど。顧客層は幅広いのですが、広告代理店・制作会社、ビジネス系のブロガーが増えてきているとのこと。顧客の二割が月5-10枚くらい購入する個人事業主で占められており、それが今回の定額制導入のきっかけとなったようです。

「定額制の導入でで個人ユーザー(ビジネスブロガーやアフィリエイター)をさらに取り込んでいきたいと思っています。直近の月は200社くらいの伸びていますが、さらに加速させて年内4000-5000社(人)くらいの獲得を目指しています」(スナップマート 代表取締役社長 江藤美帆氏)

【関連URL】
・Snapmart(スナップマート)
https://snapmart.jp
・スマホ写真を売買できるアプリ「snapmart」がストックフォト大手「PIXTA」傘下に 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/snapmart-is-affiliated-with-pixta-today-22715.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 「スマホで撮影した写真を使いたい」そんな素朴な思いからスタートしたスナップマート。2016年8月のPIXTAによる買収後、安定的に市場を伸ばし、ここにきて成長モードに入ったといえます。江藤さんいわく「個人購入者はアイキャッチ画像でPVが伸びるのを理解している」とのことで、スマホ画像ならではの求心力がマーケット創造の源泉の一つとなっているようです。まだまだ、別パターンの成長余力が出てきそうです。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in PIXTA, SnapMart, スナップマート, スマホ, 写真
米Twitter、プロ品質のライブ放送を可能にする「ペリスコーププロデューサー」を開始 【@maskin】

米Tinder、出会える確率が高まる写真判定アルゴリズム「Smart Photos」を投入 【@maskin】

スマホ写真を売買できるアプリ「snapmart」がストックフォト大手「PIXTA」傘下に 【@maskin】

Close