すべてのOSが対象、インテル最新CPUに深刻な欠陥

News

インテルの第6世代Coreプロセッサー「Skylake」シリーズおよび第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake」シリーズのCPUににデータの破損や損失を起こす重大な欠陥があることが発表されました。

これは2015年後半から出荷されているものから、今後発売が予定されている「Xシリーズ」までが対象とされています。特定のOSに限定された問題ではなくWindowsからMacos、Linux系のデバイスまで、当該CPUを搭載あらゆるデバイスの使用者に対し、対処ができるまでデバイスのBIOSを使って問題回避の設定をするよう呼びかけています。


問題になっているのはCPUの処理能力を向上する「ハイパースレッディング」という機能で、これが使われると予測不能なエラーが発生し、データの破損や損失が発生するとのことです。不正行為の引き金となる懸念もあります。

この問題は関数型言語OCalmのコミュニティによって調査され、Debianプロジェクトのサイト上で警告が発信されました。

この問題を回避するには、インテルによる回避プログラムなどの提供が行われるまでは、デバイスのBIOSの設定で「ハイパースレッディング」機能をOFFにする必要があります。(詳しくはマザーボード及びデバイスメーカーの情報を参考にしてください)

自分のデバイスがこの問題の対象になるかは、これらのCPUリストからチェックすることが可能です。「SkylakeシリーズCPU」・「Kaby LakeシリーズCPU」。

【関連URL】
・[WARNING] Intel Skylake/Kaby Lake processors: broken hyper-threading
https://lists.debian.org/debian-devel/2017/06/msg00308.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 特定のユーザーのみ対象となるわけではなく、当該CPUを仕様しているユーザーすべてが対象となる深刻な不具合。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in debian, Intel, Kaby Lake, OCalm, Skylake
Intelが後付け搭載可能の自動運転システムに参入、MobileEyeをイスラエルスタートアップシーン最高額1.75兆円で買収し自動運転部門を統合 @maskin

第3のOS「Tizen」来月発表か 【@maskin】

Intel世界コンテストで優勝 しくみデザイン 中村俊介氏 CES2014キーノートにも登壇、「次世代を担うイノベーター達」として紹介 【@maskin】 #ces2014

Close