Intel世界コンテストで優勝 しくみデザイン 中村俊介氏 CES2014キーノートにも登壇、「次世代を担うイノベーター達」として紹介 【@maskin】 #ces2014

Fukuoka, Japan, News, StartupsIntel, KAGURA, しくみデザイン, 中村俊介


[読了時間: 5分]

 全米で展開されるハッカソン「THE INTERNET OF THINGS」で日本人チームが優勝したことを報じたばかりだが、一方、同じラスベガスで開催されているCES2014の基調講演に登壇した日本人もいる。

 先日、「インテルの世界コンテストで日本発の「KAGURA」がグランプリという快挙」としてお伝えした しくみデザイン(福岡県福岡市)の中村俊介 氏だ。

DSC_0228

 米Intelが世界規模で実施した技術コンテスト「Intel® Perceptual Computing Challenge」で、16か国から数千人の開発者が参加する中、同氏が制作した「KAGURA」がグランプリを獲得したのだ。写真は、ラスベガスで開催された授賞式の模様。

P1000201

 実際に「KAGURA」のデモを行ったが、最も会場を沸かせたと評判だったようだ。

 この後、CES2014の基調講演にも登壇し、Interl CEO Brian Krzanich 氏から「次世代を担うイノベーター達」として紹介されたという。日本のスタートアップがCESのような世界の桧舞台に立つことは稀有で極めて栄誉なことだ。




【関連URL】
・Keynote Addresses – 2014 International CES, January 7-10
http://www.cesweb.org/Conference/Keynote-Addresses.aspx
・インテルの世界コンテストで日本発の「KAGURA」がグランプリという快挙 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/kagura_win_intel_perceptualcomputing_challenge.html



蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw このニュースで大切なことは、CESのような世界的なショーの基調講演にたった一人で立っているということの偉大さ、そしてそれをフォローしたり支援する枠組みが日本に皆無だというギャップがあること。中村さんの偉業は世界で認められるものだが、その波に乗るプレイヤーが日本から出てこないことを、逆に世界からは寒い目でみられてしまっている現実がある。というわけで、みんなで共に突き抜けましょう。


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me