Snap社の1stプロダクトは ビデオ共有サングラス「Spectacles」 【@maskin】

Wearable, アプリsnap, Snapchat, Spectacles

screenshot_1230

先ほどお伝えした通り、米Snap(元Snapchat社)の第一弾プロダクトはビデオ共有サングラス「Spectacles」となる。

screenshot_1224


米The Wall Street Journalの記事(Snapchat Releases First Hardware Product, Spectacles)によると、「Spectacles」は、115度という人間の視覚に近い視野角を持ったビデオレンズを搭載し、スマートフォンの操作をせずに10秒程度の動画を撮影できるという。動画は自動でスマートフォンのSnapchatアプリに送られる仕組み。これはアプリ「ポケモンGO」と連動デバイス「ポケモンGO Plus」の関係のようなものか。

screenshot_1228

価格は129ドル99セント、今秋に出荷予定。1サイズで、色はブラック・青緑・サンゴ色の3パターンとなる。同紙によるとSnap Inc. CEO CEO Evan Siegal氏は「少量の販売」ということを明言しているという。

アクションカム的な使い方?

メガネ型カメラやウェアラブルカメラというのはこれまでに何度も市場に登場してきた。「Spectacles」の場合、Snapchatの姉妹品故にコミュニケーションのためのカメラデバイスだとして、アクションカメラ的な使い方の範疇を飛び出る要素があるのだろうか?「Spectacles」のリリースビデオから考察してみよう。

まず、スケートボードをみんなで楽しむという光景。GoProといったアクションカム的風景だが、Snapchatで共有という文脈だと友達がいるのが前提になってくる。かつサングラスなのでシーンも制限されてくる。

screenshot_1227

Snapchatだからこそ、常に友達とのコミュニケーションが中心になってくる。メガネ型だからこそのハイタッチシーン。確かにこれはアクションカムやスマホ撮りでは撮影しない。

screenshot_1226

10秒という撮影時間のしばりも、撮影スタイルに変容を与えるだろう。これまでわざわざスマホを取り出して撮影したいたものが、より簡単になってくるからだ。もしかすると少ロットでは対応できない反響となる可能性もある。

screenshot_1230



【関連URL】
・Snap Inc.
https://www.spectacles.com
・Snapchatが社名変更、カメラカンパニーへ 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/spapchat-rename-snap-inc-22907.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 129ドル99セントとなると日本円で1万5000円前後にはなってしまう。日本ではSnapChatは流行してないから様子を伝えにくいのだが、欧米で爆発的な人気があるとはいえこの価格は新し物好き向けのラインと言わざるをえない。ただ、こういったウェアラブルデバイスは、プラットフォームとアプリとの掛け算で意外なコンテンツ価値を創出する可能性を秘めているもの。

PAGE TOP
More in Wearable, アプリ
Snapchatが社名変更 【@maskin】

「メルカリ」USA版、iOSマーケットで3位にランクイン アメリカファースト&口コミキャンペーンが功を奏す【@maskin】

6時間生放送 エレベーターピッチライブ! 7/7 参加者募集中 【@maskin】 #FRESHbyAbemaTV

Close