プロジェクター型Android端末 「Xperia Touch」は大ヒットになる可能性も

Smart Home, SONY

床や壁がスマートフォンのタッチスクリーンになったら? 

そんな誰も体験したことのないような世界を実現するプロジェクター「Xperia Touch」が2017年6月24日、ソニーから発売となります。価格は14万9880円(税別)。2017年6月9日が予約販売を開始するとのことです。

「Xperia Touch」に搭載されているAndroid OSは最新のバージョン7.0。Wi-FiやBlutoothといった無線通信に対応し、カメラもついている。バッテリーがやや小さいもののスペックをみるだけだとただのスマホです。何でプロジェクターと一体化するのだろう?と疑問を感じる人もいると思います。

あらゆる場所がタッチインターフェイスに、音声での呼びかけにも対応

ただ、ちょっとイメージしてみるとその利便性に気づくでしょう。たとえば、キッチンで料理中にテーブルでスクリーンを投影すれば、スマホを汚すことなくレシピ検索ができるようになります。

ありきたりかもしれませんが、複数対戦ができるゲームも、テーブルでプレイしたらより興奮するかもしれません。

子供たちが夢中になるお絵かきアプリも、床一杯に使えるとしたらもっと創造性を発揮できるかも。

「Xperia Touch」を単なるプロジェクター型スマホとして捉えてしまうと可能性の半分も理解できないことになるのでしょう。このデバイスは音声認識対応。「Hi Xperia(ハイ エクスペリア)」と呼びかけるとそれに呼応し、天気予報、今日の予定、ニュース、音楽の再生はもちろん、アプリケーションを起動することが可能なのです。こうなると、もう立派なスマートホームデバイスといえます。

ソニー独自の単焦点プロジェクターのパワー

「Xperia Touch」はしっかりとプロジェクターとしての役目も果たします。たとえば、ビデオカンファレンスアプリで遠くの知り合いと大画面で話すことが可能です。ただ、よく下の画面をみてください。気がつくことはないでしょうか?

そう、「Xperia Touch」が見当たりませんね。普通のプロジェクターなら壁からかなり離さないとこんなに大きくは投影できません。実際のところ「Xperia Touch」ば赤いバラの左手にあるんです。つまり、壁のすぐ脇に設置してもこれだけ大きな画面で投影できる性能をもっているのです。

ソニーはこの「超短焦点プロジェクター」を廉価版の「SONY ポータブル超短焦点プロジェクター バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1」や147インチ4K投影に対応したハイグレードモデル「LSPX-W1S」ですでに展開しています。

「Xperia Touch」はこの「超短焦点プロジェクター」の可能性を最大化し、新たなコンピューティング像を浸透させるのかもしれません。

【関連URL】
・Xperia Touch (G1109)
http://www.sony.jp/xperia-smart-products/products/G1109/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 「HOME」市場の覇権争いは2017年中に必ず大波がくると思っている。Amazon Alex、Apple、Google、そしてLINE。「Xperia Touch」はそこに食い込む可能性が十分になる。ただ、大きな問題も横たわっている。ソフトウェアだ。ソニー以外はハードウェアに加え、プラットフォームとソフトウェアを持っている。(昔からそうだが)今やハードとソフトは一つの文脈で考える必要がある。「ハードはかっこいいけど、中身はただのAndroidじゃん」といわれたら終わり。いくら斬新でも統一環境の中で深いユーザー体験を創出できなければ、やはりただの箱だ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

PAGE TOP
More in Smart Home, SONY
ヒトメディアと東新住建が投資育成会社設立、第一号案件で次世代ユーザーインターフェースの「DouZen」に出資

妄想が産んだバーチャル嫁ロボット「Gatebox」誕生秘話、なぜ30万円のデバイスが5日間で200台も売れたのか

[詳説 Clova] LINEが狙う「お茶の間」、世界HOME覇権争いにスマートポータルで挑む @maskin

Close