電子書籍リーダーを購入した人は書籍をより多く購入する=GigaOm

non-Category

 L.E.K. Consultingのアンケート調査によると、電子書籍リーダーを購入した人の48%は以前より多く本を読むようになったと答えており、以前より読まなくなったと答えた7%を大きく上回ったという。ネタ元はGigaOm

 電子書籍リーダーを購入した人は、全体の10%というから、出版業界的にはまだそれほど大きな数字じゃないけど、本や新聞、雑誌の売り上げが低迷する中で、期待が持てる数字になっている。

 僕もiPhoneの電子書籍リーダーkindle for iPhoneをダウンロードしてから、確かに本をよく読むようになった。やはりかさ張らないのがいい。読み終わった本を売るというのはなかなか勇気がいって、自宅にどんどん本がたまっていっている。狭い家がますます狭くなる。なので、よっぽど気になる本しか買わないようになってきている。



 それとネット上でおもしろそうな書評を読んで、これ読みたい!って思っても、すぐに読めないんだと思うと、購入を躊躇してしまう。その点、英語の本ならほとんどはUSのAmazonのサイトからKindle for iPhoneに簡単にダウンロードできる。目次と最初の1章ぐらいはサンプルとして無料で読めるようになっていて便利だ。

 Kindle for iPhoneのおかげで英語の本を読むことが多くなりそうだ。

【関連記事】
ほかは全部失敗するのにAppleタブレットだけが成功する理由=米TBI
AmazonのKindleオープン化はApple対抗というより生き残りに不可欠
米Amazonが著者・出版社の取り分を7割に引き上げ
Appleタブレットは「超読書」を作り出せるか=出版業界激変の夜明け前


PAGE TOP
More in non-Category
テレビ番組と連携する位置連動型映像配信iPhoneアプリってなんだ?
広告・マーケティングの常識を一変させるソーシャルメディアの津波
ほかは全部失敗するのにAppleタブレットだけが成功する理由=米TBI
Close