実物触ってなくてもiPad買います=米で予約注文数が1日で12万台【湯川】

non-Category

 米で予約注文受け付けが始まったAppleのタブレットパソコンiPadだが、受け付け初日である13日の注文数が12万台に到達したもよう。iPadは、ほとんどの人がまだ見たことも触ったこともないはずだが、それでもアップルは1日で7500万ドル(約68億円)を売り上げたとみられる。

 Fortune Brainstorm Techによると、投資家サイトInvestor VillageのAAPL Sanity Boardという掲示板のメンバーたちが、自分たちが注文した際に受け取った注文番号や、注文台数などをGoogle Docsの表計算ページをそれぞれが入力。それを集計した結果から、同掲示板の中心メンバーたちが推計したという。


 同掲示板の表計算のページには13日の受け付け開始から19時間30分の間に99件の注文件数が入力された。注文番号は時間の経過とともに大きな数字になっているため、注文の順番に番号がつけられていることが分かる。一人2台までの注文が受け付けられたため99件のうち2台注文した人もおり、注文台数では全部で110台だった。

 最初の注文番号と最後の注文番号の数字の開きから1日で12万4596件の注文があったと推測される。しかしその中にはiPad以外の注文も含まれるため、一日平均1万6500件といわれるAppleのサイト上でのオンライン注文平均件数を13日の注文件数全体から引き算。また1件当たりの平均注文台数の1.11を、この数字に掛け算したところ、11万9987台という結果になった。

 Valcent Financial GroupのVictor Castrollさんは、この結果からAppleが1日で7500万ドルを売り上げたと推計、「99%の人はまだ触ったことも見たこともない製品で、しかも発売までまだ3週間もあるのに、この数字は驚きだ」と語っているという。

 PCWorldのGalen Grumanさんは「まだどの程度のものなのか分からないのに、ばかげてる」として、予約注文が殺到したことを「ばかのパレードが始まった」と酷評している。

 AllThingsDigitalによると、RBC/ChangeWaveのアンケート調査では13%がiPadを購入する考えがあると答えており、iPhoneのリリース前の9%という数字を上回っているという。発売前の期待は、iPadがiPhoneを上回っているのかもしれない。

※編集履歴:1パラ目の販売台数を12台から12万台に修正しました。

【関連記事】
iPad米で予約注文開始=2時間で5万台と出足好調【湯川】
AppleのiPad、日本では4月末発売
ソニーがプレステ対応ケータイ、iPad対抗デバイス開発=WSJ紙
電子書籍は、デジタル化された本ではなく書籍化されたアプリ
iPad専用アプリとウェブの連動で新たなeBook体験を可能にする「Qlippy」【東京Camp】
AppleのiPad、GoogleのChromeOSタブレット、買うならどっち?
Flash未対応のiPadのウェブ体験は「最高」じゃない=Adobe社員がポルノサイトなどを例に批判
iPadの秘密しゃべった大手出版社削除=ジョブズの逆鱗に触れた?
iPadは書籍流通に破壊的イノベーションを起こす
AppleタブレットiPadの別売キーボードドックとケースがおしゃれ
AppleがタブレットPCのiPad発表。499ドルという低価格でkindleを直撃


PAGE TOP
More in non-Category
iBooksに音声読み上げ、辞書機能=「manga」カテゴリーも【湯川】
iPad米で予約注文開始=2時間で5万台と出足好調【湯川】
金沢の名所をつぶやけば「写真」付きつぶやき返し=アナログ感がたまらない「つぶやき金沢旅行」

Close