iPhone OS 4.0の新機能を一覧で。モバイル広告の”iAd”の詳細も明らかに【三橋ゆか里】

News

待ちに待ったアップルのiPhone OS 4.0のイベントが開催されました。日本時間の午前2時からリアルタイムで見ていましたが、もう新機能が続々でてきてスゴイ!ユーザへの提供は2010年夏を予定しており、iPhone 3GSおよび第三世代iPod touchに対応するそう。

今回のキーノートで発表された内容を一覧してみました。一通り目を通してみる価値があると思います。注目されている“iAd”(ページ内リンク)についても発表がありましたよ。ウェブのグーグル VS. アプリのアップルの始まり始まり。


—————
■iPhone OS 4.0
iPhone OSの開発者向けプレビュー(β版)を本日リリース予定。ユーザには今年の夏に提供され、iPhone 3GSおよび第三世代iPod touchに対応。

・新たに加わるAPIは1500以上で、以下の機能を含む
 -アプリ内SMS
 -カレンダー
 -自動テスト
 -地図と画像の重ねあわせ
 -カメラおよびビデオへの完全なアクセス
 -キャリア情報
 -ICCプロファイル
 -画像処理
 -ページの半めくり表示
 -Quick Look機能(ファイルのプレビュー)
 -パッケージ化された書類
 -通信イベント
 -iPodのリモート制御アクセサリ
 -地図上のメモのドラッグ、ほか

・新たに加わる機能
 -アプリのギフトとしての送付
 -プレイリスト
 -5倍ズーム
 -IMAPメモの同期
 -タップによるビデオのフォーカス
 -写真へのジオロケーション情報追加
 -iPadのようなホームの背景画像
 -iPodへの出力
 -ウェブ検索のサジェスチョン
 -Bluetoothキーボード
 -メール検索結果の保存および削除
 -WiFi禁止設定
 -メールのより大きいフォント
 -SMSおよびアラート
 -メールメッセージ内の画像サイズの指定
 -ワイヤレスシグナルによる電源オン、ほか

■iPhone OS 4.0 -今回のアップグレードの7つの特徴-

【1】マルチタスク

UIはホームボタンをダブルクリックして出てくるアプリのリストから選択。ホームスクリーンにもマルチタスクトレイが用意されている。キーは電池を消費しないこと。それを可能にするために以下の7つのAPIを実装。

 ・バックグラウンドオーディオ
1日3万人のユーザーを追加しているPandoraによると、必要な改修は1日で終了。その改修による、他のアプリを操作しながらPandora上で音楽が聴けるようになる。また、iPhoneがロックされていても機能する。

 ・バックグラウンドVoIP
アプリが最前面に無くても、VoIP経由の電話が鳴る。また、アプリ切り替えで電話が切れない。

 ・バックグランドジオローケーション
アプリが最前面に無くても、位置情報に関連したサービスを出力できる。GPSは電気的にコストが高いので、その場合はモバイル通信網の中で位置を把握する事もできる。

 ・プッシュ通知
既に9ヶ月間で100億プッシュメッセージを送信している。

 ・ローカル通知
バックグラウンドで走っているアプリがユーザーに通知できる。

 ・終了通知
バックグラウンドで走っているアプリがタスク完了をユーザーに通知できる。

 ・高速アプリ切り替え
アプリが独自のステータスを保持する仕組み。これにより、ユーザーが起動中のアプリでホームページに戻らなくなる。

【2】フォルダ
ホームスクリーンでアプリケーションのフォルダを作ることができます。アプリをもう一つのアプリの上にドラッグすることでフォルダを作成。アプリ名がフォルダ名になる。フォルダはドックに配置することも可能。これまでアプリの数は180がマックスだったのが、フォルダにすることで最大2160入るようになる。

【3】Mail.appの改善
複数メールアドレスの受信箱を一つのスクリーンで表示することが可能、異なる受信箱を何度も行ったりきたりする必要がなくなる。また、メールの添付ファイルをサードパーティアプリで開くことが可能だそう。

さらに、複数のExchangeアカウントを同時に開く事が可能。OS X上のMail.appと同じく、スレッド単位でメッセージを表示することができる。スレッドの横にある「> >」をクリックするとスレッド全体を読むことが可能。

【4】iBooksのサポート
本棚はiPadに似たような作りで、読む行為もiPadのそれに近い。iPadと同じ書籍にアクセスすることが可能。アマゾンのKindleと同様、読んでいたページやブックマークなどがワイヤレスで同期されるので、1度買えばどこでも読むことができる。

【5】企業のための機能
データ保護を強化し、Eメールと添付ファイルの暗号化を導入。アプリ内でも暗号化できるように、開発者向けのAPIが提供される。またモバイルデバイスの管理、ワイヤレスでのアプリ提供が可能。これまでiTunesにつなげる必要があったが、今後は企業が自社サーバからワイヤレスでアプリを提供することができる。

【6】ゲームセンター
マルチプレーヤーのソーシャルゲームネットワーク。友達との対戦や、ランダムに対戦相手を見つけてくれる。試合の勝ち負けもわかる。ゲームとエンターテイメントのアプリは50,000点。 任天堂DSは4,321、PSPは2,477とiTunesが断トツ。

【7】モバイル広告”iAd”
iPhone OS 4の中にビルトインされるそう。”iAd”は、開発者がフリーのアプリをフリーのままにするための収入モデル。ユーザは検索ではなくアプリで時間を過ごしている。ユーザのアプリ利用時間の平均は1日約30分。広告を3分に1回だせば、1日10広告。1千万台のiPhoneがあれば、1日10億インプレッションになる。これからはアプリ内広告がくる。iAdはアップルが広告の販売およびホスティングを行い、開発者のマージンは60%。

■iPadとiTunesストア
iPhone OS 4.0の発表の他に、スティーブ・ジョブス氏から各種数値の発表があったので、それも以下に記載しておきます。

・米国時間4/8(木)時点で、iPadの販売台数は450,000台。発売初日だけで300,000台売れた。

・初日のiPadアプリのダウンロード数は100万件、4/8までの総ダウンロード数は350万件。

・iBooksの初日ダウンロード数は250,000件。4/8時点で600,000件。

・iTunesストアでダウンロードされたアプリ数は40億件以上、iTunesの総アプリ数は185,000点。

・iPadアプリは3,500点。iPadアプリの中でジョブスが最も気に入っているのは雑誌”Popular Science”だそう。
—————

今回のマルチタスクの実装はユーザにとって嬉しいニュースであると同時に、アプリを作る開発者、そしてそのアプリを使ってプロモーションを打ち出すマーケッターや広告主にとってチャンス。iPadと同様、iPhone OS 4.0では、インタラクティブでゲーム性の高い新しい広告の形が生まれそうです。ユーザ・開発者・広告主・アップルのハッピースクエアが実現するのか。今回の発表を受けた今後のアプリの進化にも期待したいところですね。

【スタッフブロガー】三橋ゆか里

yukari_pink_smaller肩書きウェブディレクター。ディレクションの他、翻訳やライティングなど、フリーでお仕事してます。ツイッターIDは”yukari77“。

個人で運営している【TechDoll.jp】というサイトで、海外のテクノロジー、ソーシャルメディア、出版、マーケティングなどの情報を発信しています。目指せタイムリーな情報発信!

これまで雑誌のECで→UIデザインのコンサル→ウェブ制作会社などを渡り歩いてきました。そこで得たスキル、人、全部かけがえのない財産。幸せの方程式は、テクノロジー(UI, IA..)×マーケ×クロスカルチャー×書く・編集。いま一番夢に近いとこにいる。

詳しいプロフィールはこちら

【関連記事】
Tech Wave : iPhoneの特許侵害でHTCを提訴=AppleがGoogleへ宣戦布告
Tech Wave : 米航空のサイトがFlash削除。恐るべしiPhoneの影響力
Tech Wave : iPhoneで手軽にライブ動画配信=TwitCasting Live【東京Camp】
Tech Wave : Appleから新しく2つのiPhone登場?! 【三橋ゆか里】
Tech Wave : メインストリームを狙えるかもしれない位置情報サービス”Rally Up”がiPhoneアプリで登場 【三橋ゆか里】

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, iPhone, OS
開発者目線でiPadを触って初めて分かった10の事実【時仲】
iPadが発売されてもAmazonがびくともしない2つの理由【湯川】
iPad発売初日の売上台数、本当は30万台=米Apple正式発表【湯川】
Close