Googleがデータストレージ事業に本格参入=クラウドで首位目指す【湯川】

News

 米PC Worldは、Googleがクラウドのデータストレージ事業に本格参入すると報じた。サンフランシスコで19日(現地時間)から開催される開発者イベント「Google I/O」で正式に発表される予定で、先行するAmazon.comのクラウドコンピューティング・サービスのS3やEC2に真っ向から競合するサービスになりそうだ。


 Googleはこれまでにもクラウド上にデータを保管するサービスを提供している。Google Docsではどのような形式のデータでも無料で1GBまで保存できるほか、1年間に1GB当たり25セントの料金を支払えばファイルサイズが250MB以下のファイルなら無制限に保存できる。(関連記事:Google Docsにどんなファイル形式でも記憶可能に=クラウド上のハードディスクに

 新しく発表されるサービス「Google Storage for Developers」では、よりセキュアで頑強なソリューションとして提供されるという。1ファイル当たりの制限は50GB。通信はセキュリティの高いSSL通信。アクセスリストに含まれないユーザーは、アクセスできない仕組みになっているという。

 先行するAmazonとは価格面、機能面で激しく競争することが予測されるので、さらなる低価格化、高機能化が期待できる。巨額な投資不要でネット系ベンチャーを起業できる時代になってきたわけだ。(関連記事:ゼロコストベンチャーとriff-offの時代

 一方でクラウド事業を提供する側の日本のコンピューター業界にとっては、生き残りをかけた競争がさらに激化しそうな雲行きになってきた。

【関連記事】
複数のクラウドをやり繰りするsky computingが急成長する-Jason Calacanisその2:TechWave
「グーグルとはDNAが同じ」-salesforce.com②:TechWave
クラウドコンピューティングは連携の時代へ:TechWave
そもそも、クラウドって何?【浅沼ヒロシ】:TechWave

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Developers, google, クラウド, クラウドコンピューティング
19日発表のソニー、Google、Intelの「スマートTV」は前途多難【湯川】
やはり通信キャリアには勝てなかった=Googleがネット直販中止【湯川】
Googleが「間違って」個人的な無線通信を傍受【湯川】
Close