Adsenseの媒体社の取り分は68%=Googleが初めて公表【湯川】

News

 Googleは同社の広告商品であるAdsenseのレベニューシェア契約における媒体社の取り分を初めて公表した。それによると、AdSense for contentの媒体社の取り分は68%、AdSense for searchの媒体社の取り分は51%だという。


 AdSense for contentは、媒体社のサイトのページ上に表示されるテキスト広告で、ページ上の情報の内容に沿った広告が表示されるようになっている。このTechWaveでは「Ads by Google」として記事の見出しの上や、記事本文の最後に3本ずつ程度表示されているのが、AdSense for contentだ。

 一方AdSense for searchは、媒体社のサイト上にあるGoogle提供の検索窓を使って検索した結果のページに表示される広告。

 Googleによると、Googleの取り分は広告配信システムの運営や新機能開発などに使われるとしている。

【関連記事】
ブログによる収益増のヒントは良質の記事の蓄積にあり
行動ターゲティングってどの程度効果あるのかという記事

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in AdSense, google, アドセンス, レベニューシェア
Googleの戦略全容明らかに=Appleどう出る?【湯川】
米政府がGoogleのAdMob買収承認=巨大広告会社に【湯川】
Google TV:よくある質問(FAQ)【湯川】

Close