紙とiPadとKindle、どれが読みやすい?【湯川】

News

 ウェブのユーザービリティの第一人者Jakob Nielsen博士が、電子書籍リーダーと紙の本の読みやすさを比較調査した。同じ内容の書籍をAppleのiPad、Amazon.comのKindle2を使って電子書籍として読む場合と、紙で製本された書籍として読む場合で、読む速度に変化があるのかなどを調べた。

 少数の読者のグループの数値を集計したところ、最も速く読めたのが紙の本で、iPadは6.2%、Kindleは10.7%それぞれ紙の本より読み終わるのに時間がかかったという。



 ただNielsen博士は「統計学的にみて両デバイスの差は誤差の範囲内。どちらが読みやすいという結論にはならない」としているという。

 ソース:iPad is a Better eReader than Kindle, Study Shows – A survey carried out on a small number of subjects indicates that books are still read faster on paper, while iPad does offer some additional benefits – Softpedia

蛇足:オレはこう思う
読みやすさで、電子書籍リーダーが紙を超えることなんて絶対にない。100年たってもないね。紙の書籍って歴史があるだけあって、非常に読みやすく作られている。e-inkの創業者に取材したことがあるんだけど、彼も「紙ってすごいよ。読みやすさで電子デバイスが紙を超えることなんて絶対にないよ」って語っていた。

 だからといって紙の書籍バンザイって言っているわけじゃない。電子デバイスは、紙の書籍を超える使い勝手の良さで、総合点で紙の書籍をそう遠くない将来に軽々と超える。何百、何千冊という本を1つのデバイスの中に入れて持ち運びできるというモバイル性だけをとってもそうだし、家の本棚がなくなれば僕の場合なんか非常に省スペースになって家族は大喜びだろう。ビデオを埋め込むこともできるし、気になったフレーズを他の読者と共有できる。目が不自由な人のためにテキストの自動読み上げも可能。環境にもいい。どう考えたって、電子デバイスが紙の書籍の地位を奪うことは間違いない。

 問題はコンテンツが豊富に揃うのがいつか、ということ。既存の出版社が紙の書籍の売り上げを犠牲にしてまで電子事業に本格参入するなんてありえない。なので当面は新規参入の電子出版専門の出版社が中心になってロングテール部分の市場を形成していくのだろう。その後、既存大手出版社もどうしようもなくなって電子出版に軸足を移す。その過程で、リストラ、合併などで大掛かりな業界再編が進むのだろうと思う。

【関連記事】
iPadに対抗? 電子書籍ビュワーが軒並み1万円台に値下げ 【増田(maskin)真樹】
iPad向けkindleアプリに辞書搭載へ=英語書籍に挑戦しよう【湯川】
電子書籍は紙へのノスタルジア=いずれウェブに同化する【湯川】
池田信夫vs湯川鶴章「電子書籍の未来」言いたい放題
Googleが電子書籍の最大の品ぞろえを確保できた理由、市場独占できない理由【湯川】
iPadに期待する米出版業界、期待すれば裏切り者扱いされる日本の業界【湯川】

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by tsuruaki


PAGE TOP
Read previous post:
NTTドコモ、来春モデルから全機種で「SIMロック解除」【増田(@maskin)】

USTREAMで楽曲演奏等の配信が可能に 国内著作権管理事業者と包括契約を締結(追記あり)【増田(@maskin)】

「ジョブズ短気で中国無視がいい」=レノボ会長【湯川】
Close