映画「アバター」のキャメロン監督と無重力体験

News

 民間によるロボット月面探査実現を目指す「Google Lunar X Prize」などコンテスト形式の技術革新を推進する非営利団体のX Prize財団 が、寄付金集めを目的に、映画「アバター」や「タイタニック」などで知られるジェームズ・キャメロン監督といっしょに無重力を体験できる権利をeBayに出品する

 オークションの期間は8月31日から9月3日まで。 3人が落札でき、金額は同財団に寄付される。落札した人は10月9日に米ロサンゼルスから飛び立つZero G という「宇宙エンタテインメント」会社の飛行機に乗り、 キャメロン監督はじめ、すでにチケットを購入済みの「スペシャル・ゲスト」 たちといっしょに無重力を体験できる。同監督はX Prize財団のExploration Advisory Committeeのメンバー。

 キャメロン監督自身がこのイベントの宣伝をしているビデオは以下のとおり。

 イノベーションを推進する団体の寄付金集めとしてグッド・アイデアですね。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by getrobo


PAGE TOP
Read previous post:
ドコモがおサイフケータイでマーケティングプラットフォーム【湯川】

MySpaceがFacebookと「今なにしてる」メッセージ連携=ソーシャルメディアはいずれ1つに【湯川】

「テレビは年寄りのもの」=米TechCrunch【湯川】

Close