米GAP、Facebook位置情報機能で集客【ループス斉藤徹】

News

[読了時間:2分]
株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役
斉藤 徹

GAPは、店舗集客を目的としたチェックインサービスを本格化に活用しはじめた。
 
一昨日発表になったFacebook Dealsでは、先行した約20社が連動するキャンペーンを発表したが、中でも群を抜いて本格的なのがGAPの1万本プレゼントだ。

Facebookが位置情報と連動したローカルディールを開始 (11/4) 
 
GAPが計画しているのは、Facebook Placesを利用して米国GAP店舗にチェックインしたユーザーに対して、1万本のジーンズをプレゼントするという大胆なキャンペーンだ。
 

Facebook3

 
仕組みはいたって簡単(Mashable記事)だ。特定期間内にGAP店舗を訪れ、Facebook Placesでチェックインする。上のようなDeal画面(ただしサンプル画面)が表示されるので、それを店員にチェックしてもらうだけだ。

なお、GAPは今年に入ってネットからの店舗誘導実験を繰り返しており、注目されている。ひとつはFoursquareでのチェックインユーザーに対する一率25%割引、もうひとつは有名なGrouponとの大規模キャンペーンだ。

Groupon、GAPと初の大規模ディール (8/20) 

それぞれ、オンラインの力で店舗集客を試みた、いわゆるオンライン2オフラインだ。では具体的に、店舗への集客コストを計算してみよう。

1. Grouponケース
販売チケットは1日で44.1万枚。25ドルディスカウントで、かつGrouponに12.5ドル支払うことが予想されるので、一人あたりの集客コストは3000円(37.5ドル)となる。

2. Foursquareケース
チェックインで一律25%オフ。Foursquareは個別収益を明らかにしていない(TechCrunch参考記事)が、現在は拡大志向なので仮にFoursquare活用コストをゼロとおき、またGAPの客単価を5000円と仮定すると、一人あたりの集客コストは1250円となる。

3. Facebook Places (Deals) ケース
こちらもFacebook利用料はゼロ。集客人数にかかわらず、1万人にジーンズプレゼントということだ。ジーンズ単価を5000円、GAP粗利率(2009年実績)を40%とすると、プレゼントコストは1本あたり3000円となる。つまり一人あたりの集客コストは最大でも3000円、来店者が1万人を超えればその分安くなり、10万人集客では300円となる計算だ。来店者数は読めないが、Facebookの若年層浸透率は80%を超えており、相当な集客効果が見込まれるのではないだろうか。

 
なお、Foursquare活用で最も著名なのはマクドナルドだ。5ドルと10ドルのギフトカード計100枚を、チェックインしたユーザ の中からランダムにプレゼントするという1日キャンペーンで、投下コストはわずか1000ドルだった。それに対して当日に対応店舗でチェックインしたユー ザ数は33%もアップしたという事例だ。ただしこの効果は、チェクインサービスの珍しさから50以上のメディアに記事としてとりあげられた効果も大きかっ たようだ。

参考まで、スターバックスも積極的で、各国で店舗集客の実験が始まっている。

ソーシャルメディア活用ランキング1位、スターバックス徹底研究 (11/1) 

いわゆるフラッシュマーティングが新規顧客獲得に功を奏するのに対して、チェックインサービスは継続来店を促すこともできるため、ロイヤルカスタ マーを醸成する効果が期待されている。またGroupon型と異なり、告知費用がゼロのケースが多いのも大いに魅力だろう。多くの実験で一定の集客成果が 見込まれており、来年度は店舗型企業でかなりブレークするのではないかと筆者は予想している。
 
【関連記事】
位置情報サービスで注目される14アプリ総まとめ (4/6) 

 

 
 

記事裏話やイベント紹介、講演資料DLなど、In the looop ファンページこちら

 
 
【ソーシャルメディア事例集】
ソーシャルメディア活用ランキング1位、スターバックス徹底研究 (11/1) 
米国Honda、Facebookゲームとタイアップ。20日間で360万人を集客 (8/30) 
出版業界のお手本,ナショナル・ジオグラフィックのソーシャルメディア活用 (6/4) 
米国ドミノピザ事例。動画大炎上を乗り越え,ソーシャルメディアをフル活用 (5/10) 
マーサ・スチュワートに学ぶトリプルメディア活用最前線 (5/2) 
アイスランド火山噴火。頼れるのはコールセンターよりツイッターだった (4/27) 
ビクトリア・シークレットに学ぶソーシャルメディア・プロモーション (4/23) 
Virgin Americaが語る,広告ツイート”Promoted Tweet”の舞台裏 (4/21) 
ツイッター利用が活発な航空業界における炎上事例と未然防止事例 (3/16) 
ソーシャルメディア炎上考察 ~ ペプシ Refresh Project トラブルとその顛末 (2/27) 
Facebook活用における貴重な効果測定事例 – ファン醸成が店舗売上に直結 (2/20) 
レディ・ガガに学ぶソーシャルメディア活用最前線 (2/5) 
米国Hondaやサントリー角ハイボールに学ぶソーシャルメディア活用の秘訣 (2/4) 

斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』


著者プロフィール:斉藤 徹 (さいとう とおる)
株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役


2005年が創業。国内での企業向けSNS構築分野でトップシェアです。
(ミック経済研究所,アイティーアール社 2008年調査にて)
現在は,企業コミュニティを単体で捉えるのではなく,多様なソーシャルメディアと有機的に結びつけ「クチコミ動線」を設計・構築・運用するコンサルティング・ファームとしての色合いを強めています。

書籍・コラム・ブログは個人活動ですが,ビジョンとノウハウは,ループス社員一同で共有しています。創業テーマである Socialmedia Dynamics を見つめながら,ソーシャルメディアやクラウドソーシングの分野で高い専門性を磨き続けたいと日々励んでいます。(といっても全く堅い人間ではないです。 特に夜は柔らか過ぎと定評です)

Twitterアカウント toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito
Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
ご意見やご質問その他,お気軽にコンタクトください。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Facebook, GAP, ギャップ, フェイスブック, ループス
Facebookのローカル広告参入は何を意味するのか(1)【湯川】
Facebookが無料のローカル広告 ビジネス再編すべての始まり【湯川】

米スターバックスのソーシャルメディア戦略【ループス斉藤徹】

Close