楽天 三木谷会長が書いたソースコード(1997年)

News

創業20周年を迎えた楽天。本社のある東京・世田谷区の楽天クリムゾンハウスの入り口に、これまでの成長の歴史を伝える資料などが展示されています。その中に代表取締役会長兼社長 三木谷浩史 氏が書いたとされるプログラムのソースコードが展示されています。


拡大してみると「三桁毎にカンマを入れるプログラム」というタイトルの下に確かに三木谷会長の名前が記載されています。

説明によれば、これが書かれたのは楽天がエム・ディー・エムという名前で創業した1997年のこと。プログラミング経験のない三木谷氏が自ら書いたものだとのことです。(以下は、展示説明内容をそのまま転記しました)

「楽天市場」開設当時。三木谷自身が書いたソースコード。
「1000」の整数を「1,000」の通貨表示にする単純なものでしたが、プログラミングを知らない三木谷が独学でこのような変更を実現させ、ほかの創業メンバーを驚かせた。

【関連URL】
・楽天の歴史
https://corp.rakuten.co.jp/about/history.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 1997年といえばフリーの雑誌ライターとして週刊アスキーを初め膨大な数の雑誌に記事を書きまくっていた頃。覚えているのはITによる社会の変化を日本と世界で感じた年だった。何かが生まれるスピードが速く、その領域に身を投じてないと着いていけなくなると危機感を感じていて、自分は翌年にスタートアップ参画のために渡米した。自分で手を動かさなければこの世界を理解できないどころか、何もできないと思っていたのだ。三木谷会長も、もちろん経営者的にIT系の領域でチャレンジをするなら、プログラミングの構造くらいは理解してないとという気持ちはあったのではないだろうか。シンプルとはいえ、動くモノを書くことは大きな一歩になる。そういう時代だった。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News三木谷浩史, 楽天

Posted by maskin


PAGE TOP
More in News
サイジニア、インスタ写真等に映っている商品購入の特許取得 PASHALY(パシャリィ)で活用

続・深刻化するAmazonマーケットプレース詐欺、自社製品を偽出品され販売停止という被害も

深刻化するAmazonマーケットプレース詐欺、任天堂Switchを2200円で販売も対応せず

Close