日本発「BrainWars」がアメリカで2位、非言語脳トレゲームは世界に拡大するか【@maskin】

NewsBrainWars, Translimit, 高場大樹


[読了時間: 2分]

 トランスリミット(TransLimit)が開発・運営する脳トレ型ソーシャルゲーム「BrainWars(ブレインウォーズ)」が2014年7月28日未明、iTunes App Store 北米市場版の無料アプリランキングで2位にランクインした。

IMG_2661

 火がついたのはStoreの新作アプリコーナーでフィーチャされた時点から。グングンランキングを上げ、27日には10位圏内に入っていた。

 記事執筆時点では1100以上のレーティングが寄せられていて、いずれも高評価となっている。1位になるのも時間の問題と考えられる。

 トランスリミット代表取締役 高場大樹 氏(冒頭写真)は、開発当初から「ノンバーバル(非言語)で、世界中の人が楽しめる」ということに注力しており、その作戦が功を奏した結果となった。

 トランスリミットは、6月に開催された「Apps Global Debut Day」による海外エディター等の英語プレゼンにおいても評価を集めていた。

 BrainWarsは2014年5月14日にiOS版がリリース。現時点で40万ダウンロードを突破している。マーケットは3言語(日本語、英語、スペイン語)で、海外ユーザ比率は約95%という。


【関連URL】
・BrainWarsがUS AppStoreで総合ランキング2位を獲得、40万ダウンロード突破
http://translimit.co.jp/press/release20140728.html
・頭をやわらかくして世界中のユーザーと対戦しよう 思わず夢中になる90秒の脳力バトル
http://brainwars-ios.softonic.jp/iphone
・脳を鍛える対戦アプリ「BrainWars」のデモを見てきた、間もなく公開 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/brainwars_demo.html




蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 最近、世界中の人に日本のIT業界やスタートアップのことについて説明することが増えてきたのだけど、日本の海外進出における問題点は「島国(意識的な問題をふくめ)」と「言葉」以上に「伝え方」にあるという結論が見えてきた。3つの問題がからみあって事態を悪化させてきているわけだけど、最終的に先方から見た時「伝え方」がまずくて意味不明におもわれてしまうケースが非常に多いのだ。
そういう観点からするとトランスリミットの「ノンバーバルで世界共通」というテーマは、この点で始めから成功していると言っても過言ではない。そうなると次のステップは「どうたってリーチを拡大するか」であるが、小さなつみかさねが実を結びつつあるようだ。

Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me