米巨大イベント「NAMM Show 2017」に乗り込んできた(1/2) by しくみデザイン中村 @maskin

Fukuoka, World, エンタメ, レポート

「KAGURA」しくみデザインの世界展開レポート
maskin-bit-2016オリジナルプロダクトで世界の名だたる賞を受賞(インテルの例)し続けるしくみデザイン。彼らはジェスチャーで演奏できる新しい楽器「KAGURA」中村俊介さんがその「KAGURA」をもって世界市場での戦いを展開しています。彼らはどんな形で活動しているのでしょうか?そこで最近出展した米国アナハイムのイベント「NAMM Show 2017」での様子を伝えるレポートを前後編に分けてお送りします。

NAMM Showってなに?

NAMM Showとは、アメリカアナハイムで毎年1月に開催されている、世界最大の楽器ショーです。YAMAHAやRolandを始め、世界中の楽器メーカーや音楽機器メーカーがこの時に新製品を発表するなど、音楽関係者が一番注目しているイベントです。


会場はアナハイムのコンベンションセンター

テック系、スタートアップ系の企業が出展するトレードショーとしては、SXSWやCES(米国)、WebSummit(欧州)などがよく知られていますが、NAMM Showはあまり馴染みがないかもしれません。僕自身、KAGURAを楽器として世界展開しよう、と決心するまで知りませんでした。一方で、音楽関係者には知らない人がいないくらい有名なイベントです。実際、弊社のサウンドクリエーターに聞いたところ、一度は行ってみたいイベントだとのこと。

そんなところに出展してきたので、その様子を皆さんにお伝えします。

出展の様子と出展料

実は、NAMMへの出展は昨年に続き2回目なんです。

1回目は、KAGURAが音楽関係者の反応を見るためのマーケティングリサーチ目的でした。まだ製品化がどうなるかも未定でしたし、テック系の人達の反応はよくても、ミュージシャンや楽器屋さんに鼻で笑われるようではお話にならないわけで。

昨年の展示の様子
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

Fukuoka, World, エンタメ, レポートKAGURA, NAMM, 出展

Posted by maskin


PAGE TOP
More in Fukuoka, World
レベルファイブCEO 日野晃博 氏が考える全方位クロスメディア戦略 @maskin

福岡でスタートアップ国際イベント「FiSH」開催、一過性ではなく地域に力を与える野心的取り組み @maskin

新版「若者よ、アジアのウミガメとなれ」加藤順彦 氏の叫びを聞け【@maskin】

Close