「Noto Font」Googleが全ての言語に対応した美麗なフォントをオープンソースで公開 【@maskin】

Deploy, NewsFont, google, Noto Font, TOFU

世界中のウェブページやアプリを見ていると、時々その文字を表示することができず「⯐」の記号で埋めつくされてしまうことがある。仮に読めない言語であって、形状がわかればコピペして検索するなどいくらでも方法はあるのだが「⯐」が出てしまうとお手あげ。欧米では、この記号が日本の豆腐に似ていることから「Tofu」と呼ばれている。

この「Tofu」を撲滅しようと米Googleが5年前から開始したのが「No more tofu」フォントプロジェクトだ。略して「Noto」。

「⯐」の記号は、端末内にその文字を表示できるフォントのデータが無いために発生する。2016年10月6日、Googleはオープンソースで800言語、11万以上もキャラクターをカバーした「Noto Font」のユニコード形式のデータの提供を開始した。ライセンスはOFL

日本語も「Noto Sans CJK JP」という名前で、ノーマルから太字まで多数のタイプが提供されている。

screenshot_1377

「Noto」プロジェクトは、AndroidやChromeOSのために必要にせまられて開始したもの。デザインから言語そのものの専門家らの協力を筆頭に、MonotypeやAdobe、ボランティアの協力を得てようやく提供できるようになった。フォント開発のための各種リソースの提供も行っているという。

【関連URL】
・Google Noto Font
https://www.google.com/get/noto/
・An open source font system for everyone
https://developers.googleblog.com/2016/10/an-open-source-font-system-for-everyone.html?m=1

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 壮大なプロジェクトをよくなし遂げてくれたなという感じ。これだけインターネットが普及しても、特定の地域から発信された情報を目にすることもできないこともある状況。これは文化の断絶といってもいいと思っていた。また、Noto Fontのいいところは、美しいタイポだという点。ファイルをダウンロードすれば簡単にインストールできるので(Macはひらくだけ、Windowsも多分おなじくらいの手間だと思う)ぜひためして頂きたい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Deploy, NewsFont, google, Noto Font, TOFU

Posted by maskin


PAGE TOP