Google 最高事業責任者 ニケシュ・アローラ氏が10月にソフトバンクへ 【@maskin】

Newsgoogle, Nikesh Arora, ニケシュ・アローラ


[読了時間: 2分]

 米Googleのシニアバイスプレジデント兼最高事業責任者(CBO) ニケシュ・アローラ(Nikesh Arora)氏が2014年10月に、ソフトバンク陣営に移籍する。

 同氏は、インド生まれ。技術系の大学を卒業後、Putnam Investmentsで通信アナリスト、T-Mobileで欧州事業CMOなどを務めた。

 移籍後は、ソフトバンクのバイスチェアマン、および新たに米国で設立されるSoftBank Internet and Media, Inc.(SIMI)のCEOに就任する予定だ。

 同氏は、2012年 Googleの幹部として最高の報酬を得た実力者として報じられている。



【関連URL】
・ニケシュ・アローラ氏のソフトバンクへの参画について
http://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2014/20140718_01/




蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 2000年前後、シリコンバレーで起業チームの一員として働いていた頃、オフショア開発や外注先といえばまずインド人のコミュニティだった。彼らは欧米の仕事を多数受注しつつ、アジアを理解できる資質をもっている存在だった。ベイエリアのみならずIT業界でさらに存在感を強めていく中で、Nikesh Arora氏の躍進は先鋒になっていた。Googleからソフトバンクへの移籍。これがどういった意味、そして結果をもたらすか注目される。

Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。

maskin [at] metamix.com
LinkedIn: maskin
Follow me