2分でわかる Apple WWDC2014発表、iOS/MacOSX進化連携と新開発言語 Swift のインパクト 【@maskin】

Deploy, NewsApple, ios, MacOSX, Swift, WWDC2014


[読了時間: 2分]

 米Appleは日本時間の2014年6月3日深夜、開発者向けイベント「Worldwide Developer Conference 2014」を開催した。

 例によって多数の発表があったが、複数のメディアからの情報をかいつまんで列挙する。

iOS8

・ロック画面から操作できるようになった通知
・SPOTLIGHT検索がさらに強化
・なぞるだけで文字入力ができる「QuickType」(Microsoftもコルタナとしてリリース済)
・サードパーティの入力システムが利用可能に
・メッセージで音声とビデオが使用可能に
・「HEALTHKIT」「Health」というアプリスキーム登場
・写真アプリが進化
・SIRIがハンズフリー操作に対応


新開発言語 Swift

https://developer.apple.com/swift/
https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/documentation/Swift/Conceptual/Swift_Programming_Language/index.html

・Objective-cより高速に動作する新しい開発言語を公開
・Objective-cと併用可能
・ iOS と OS Xアプリ開発で使用可能
・デバイス内のアプリ間通信が可能に
・通知センターに情報を送信できるウィジェット
・家電コントロール「HomeKit」
・対応するXcode6は本日から公開

OS X Yosemite

http://www.apple.com/osx/preview/
・システムフォントを変更
・iOSに影響を受けた新デザイン
・通知システムの刷新(ウィジェットの追加)
・Spotlightの刷新
・新しいSafari
・メール.appのプレビューが進化(Skitchみたい)、5GBまでの添付ファイルをクラウドに保存する「MailDrop」
・クラウドストレージ「ICLOUD DRIVE」がMacOSX、iOS、Windows向けに提供


iPhone/Mac OS Xのシームレス連携

・AirDropのファイル交換がiOS/MacOSX間で可能に
・ファイル、通話などを共有できる「Handoff」
・Mac OS Xを母艦としたWi-Fiスポット「Instant HotSpot」


 というわけで、以上でした!



【関連URL】
・2分でわかる Apple 新製品発表、 軽いiPad ・ Mac OS X無料配布 等 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/apple_2013autumn_release.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 主役はSwift。全般的にユーザーの利点を最大化し、開発者の意欲をかきたてる内容だと思うっす。アプリ内通信の対応により、iOSアプリの使い勝手は大幅に向上するのは間違いない。これからはアプリとペリフェラルの時代。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Deploy, NewsApple, ios, MacOSX, Swift, WWDC2014

Posted by maskin


PAGE TOP