ZOZOMARKET 1月15日スタート! スタートトゥデイとBracket(ブラケット)がコラボ事業展開 【@maskin】

News, StartupsBracket, Stores.jp, ブラケット, 光本勇介


[読了時間: 2分]

 ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイは2013年12月2日、完全子会社のブラケットの「Stores.jp」と連携した新サービス「ZOZOMARKET」を発表した。

zozomarket





 「ZOZOMARKET」は、Stores.jpで販売されているアパレル関連のストアの情報を集約したマーケットプレース型サイト。

 日本最大級のファッションECサイト「ZOZOTOWN」と連携し、利用者はシームレスにStores.jpで販売されているファッションアイテムにリーチできるようになる。

 サイトの開設は2014年1月15日で、現時点では事前受け付けをしているティーザーサイトが公開されている。

ボタン一つでZOZOMARKETに掲載、小店舗のエスカレーションを支援

 Stores.jp利用者は、設定画面からボタン一つでZOZOMARKET連携のサイトにすることが可能。商品は自動でZOZOMARKET上で露出される。サービス利用料は販売額の10%。

 詳細の表示および販売は、Stores.jp上で行う仕組み。

ZOZOMARKETへの掲載フロー

 Stores.jpで開設されたストアのアイテム情報の大手サイトへの露出は、すでに稼動(「STORES.jp、商品を大手サイトへ掲載する機能を開始 スタートトゥデイ提携後も勢い止まらず【@maskin】」)しており、ZOZOMARKETはこの仕組みを戦略的に展開したもの。

 ZOZOTOWNには2000のハイブランドががあるが、小規模なブランドや小売店で扱っている商品はカバーしていない。ZOZOMARKETでは、それらのアイテムをカバーすることで「ゆくゆくは、すべてのアパレルブランドをカバーしたい」(ブラケット CEO 光本勇介 氏)と考えている。

ZOZOMARKETがターゲットとするエリア

 「当然、小ブランドの中から、良質なアイテムを発掘し、ZOZOTOWN本体との連携するような支援の形も視野に入れている」(光本氏)とのことで、STORES.jpでインディーズブランドなど小規模なアパレルアイテムにとってはビッグチャンス到来といったところか。





【関連URL】
・ZOZOMARKETティザーサイト (2014年1月15日に正式サイトとしてオープン)
http://market.zozo.jp/
・STORES.jp、商品を大手サイトへ掲載する機能を開始 スタートトゥデイ提携後も勢い止まらず【@maskin】
http://techwave.jp/archives/stores-jp-lead-wire-expantion.html
・スタートトゥデイ、STORES.jpのブラケットを完全子会社化 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/starttoday_aqquisitionbracket_stores-jp.html


蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 快進撃を続けるブラケット。スタートトゥデイの子会社となる発表があったのは2013年7月16日。ZOZOMARKETにしても、親会社として色々オーダーがあったのか?と光本氏に質問してみると「全くないですねw」とのこと(笑)。
逆に強い信頼関係の上で、一つの目標に向かっているように感じました。
DSC_0099

著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング → 海外技術&製品の発掘 & ローカライズ → 週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSのサービス立ち上げに関与。坂本龍一氏などが参加するグループブログ立ち上げなどを主導した。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。生んでは伝えるというスタイルで、イノベーターを現場目線で支援するコンセプト「BreakThroughTogether」でTechWaveをリボーン中 (詳しいプロフィールはこちら)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP