空きスペース資産を手軽に活用できるパッケージ展開へ、会議室シェアリング事業「スペイシー」が総額2億円調達

Re:Work

Re:Work

一定期間入居がないマンションなどはもとより、日中は誰も使っていないカラオケや居酒屋の個室、ほとんど使われていない企業の会議室など、よくよく考えてみれば遊休状態のスペースは意外と多くあるのかもしれません。

こうした遊休スペー ...

記事を読む

現場主義のビジネスチャット「direct(ダイレクト)」の躍進

Re:Work, チャットボット

Re:Work, チャットボット

チャットをビジネスシーンで利用することで、よりスピーディにコミュニケーションが測れる。そんなうたい文句でビジネス専用チャットが注目を浴びています。新規サービスも増加し、FacebookやMicrosoft、そしてLINEまでもがビ ...

記事を読む

上司はいらない。リモートワークはチームを強化しオフィスを捨てる @maskin

Re:Work

Re:Work

“スマホを眺めながら満員電車でガタゴト揺られ決められた時間にオフィスにくる。終日会議漬け。本当にやるべきかどうかわからない面倒な仕事も多い。上司や部下とのやりとりに膨大な時間をかける。同僚や上司より先に退社できないからダラダラ・・・そ ...

記事を読む

「本日でオフィスなくします」自律的リモートワーク先進企業の門出 【@maskin】

Re:Work

Re:Work

 「ついに本日でオフィスなくします」。

 東京・渋谷区神南にオフィスを構えていた開発会社 ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫義人 氏は言う。 業務縮小による撤退でもなく、買収などによるオフィスの消滅という話でもない、あ ...

記事を読む

米Stripeの新採用方法「BYOT – Bring Your Own Team」 、一人よりもチーム その理由について 【@maskin】

Re:Work

Re:Work

 私事になるが、この数年、一人で働くことの痛みを最近とても強く感じて過ごしてきた。

 一人でできることには限界があると人は言うが、いざやってみると思ったよりもそのキャパシティが大きいことがわかってくる。しかしながら個に依存 ...

記事を読む

佐藤ねじ×ハブチン対談『自分のブルーパドル』を見つけてはたらこう

News, RE:LIFE, Re:Work

News, RE:LIFE, Re:Work

ブルーオーシャンを探そうと思っても、そんなに簡単には見つからない。もっともっと小さな隙間。いわば「ブルーパドル(水たまり)」を探しましょうと提案する面白法人カヤックの意匠部デザイナー佐藤ねじ氏。「ブルーパドルの話をきいたとき、アイデア ...

記事を読む

日本を代表するクリエイティブカンパニー、バスキュールが考えるこれからの人材に必要なことは、「選ばれる人」になること

Re:Work, エンタメ

Re:Work, エンタメ

世界中の人々に喜んでもらえるインタラクティブコンテンツを生み出そうと2000年に設立されたクリエイティブカンパニー、バスキュール。国内外で数々の著名なクリエイティブアワードを受賞し、デジタルプロモーションの領域で常にチャレンジを続ける ...

記事を読む

人事・脳科学・統計学の視点で考える「エンジニアが辞めない組織」とは?

Re:Work

Re:Work

大手企業に勤めているエンジニアの平均勤続年数は約5年と言われている。エンジニアが辞めない組織とはどういう組織なのか。「エンジニアが辞めないようにする」にはどうすればよいのかを、人事、脳科学や統計学などの視点から考えるというセミナーが開 ...

記事を読む

自律型のリモートチームがチームワークの質を高めるためにやってきた3つの取り組み @kuranuki

Re:Work

Re:Work

ゲスト投稿:倉貫義人 ソニックガーデン創業者/CEO

モットー:「プログラマをスターにする」という想いで会社をやっています。「心はプログラマ、仕事は経営者」。

こんにちは、編集チョのmaskinです。「納品のな ...

記事を読む

「仕事というもの」の定義について考える 【@maskin】

Re:Work

Re:Work

TechWave編集チョの増田真樹です。2年半ぶりに新しい取り組みを進めています。その一つ「Re:Work」チャネルに関係する蛇足的記事をお届けします。

仕事をする環境の中で、大きく2つのタイプの人がいると感じていま ...

記事を読む

LINEの成長の秘訣、森川亮氏の著書「シンプルに考える」に全て語られていた 【@maskin】

Re:Work, Startups, 書評

Re:Work, Startups, 書評

 TechWaveが、LINEプロジェクトに注目したのは2011年4月の頃。理由は「入念に調べあげている」点、「絆をケアするというキーメッセージにフォーカスしている」点、そして「無駄のないチームの形」がある点に注目したからだ。 ...

記事を読む

究極の求人検索エンジン「スタンバイ」、 開発者90名体制 社運をかけて挑むビズリーチ南壮一郎氏の野望 @maskin

News, Re:Work

News, Re:Work

転職情報サービスを展開するビズリーチは2015年5月26日、求人情報の検索エンジン「スタンバイ」の提供を正式に開始した。すべての業界・業種、すべての契約形態の求人情報を無料で探せるもので、求人を登録したい企業も無料で利用できる。オープ ...

記事を読む

PAGE TOP