iPad登場でAmazonの電子書籍のシェア激減へ=米アナリスト予測

non-Category

 米Wall Street Journal Blogsは、Credit SuisseのアナリストSpencer Wang氏が、Appleの新型タブレットiPadの登場などでAmazon.comの電子書籍の市場シェアが現在の90%から今後5年で35%にまで激減すると予測したと報じた。

 一方同じ予測を報じているAllThingsDigitalによると、Amazonの電子書籍の市場シェアは、今年中に72%に低下すると同氏は予測しているという。


 Amazonのシェアの低下の原因は、iPadだけではなく、Googleが開発中とみられるタブレット型パソコンの影響もあるようで、同氏はいずれ市場がAmazon、Apple、Googleの3社で3分されるとみているようだ。(関連記事;AppleのiPad、GoogleのChromeOSタブレット、買うならどっち?

 ただ3社が競争することで、電子書籍の市場が急速に拡大する見込みで、売り上げベースではAmazonは電子書籍の売り上げは2億4800万ドルから7億7500万ドルに拡大すると予測している。

【関連記事】
電子書籍の普及は当たり前。議論にもならない
電子書籍リーダーを購入した人は書籍をより多く購入する=GigaOm
米Amazonが著者・出版社の取り分を7割に引き上げ
Appleタブレットは「超読書」を作り出せるか=出版業界激変の夜明け前

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in non-Category
iPhoneの普及が拍車、イーブック10万冊ダウンロード達成
iPhoneでちょっとでもエッチなアプリは禁止に?

ジョブズ氏がFlashをこき下ろしたという情報再び
Close