Appleのクラウド戦略の拠点を空撮

News

 Appleが10億ドルをかけて米ノースキャロライナ州に建設中の巨大データセンターの空撮ビデオがYouTubeにアップされた。30秒ほどの短いビデオだが、Appleの新データセンターがいかに大きいかが分かる。
 AppleはこのデータセンターにユーザーのiTunesライブラリーの音楽、ビデオをすべて移行させるクラウドコンピューティング戦略を推進中と見られている。ユーザーの音楽、ビデオなどのコンテンツがすべてこのデータセンターに記憶されるようになれば、1度購入したコンテンツをパソコン、タブレット、モバイル機器、スマートフォンなどあらゆるデバイスを使って利用できるようになる。権利関係も非常にシンプルになり、コピーワンスなどの消費者の利便性を無視した取り組みも不要になると思われる。


 興味深いのは、Appleの新データセンターがあるMaidenという町からわずか25マイルのLenoirという町にGoogleのデータセンターもあるということ。企業誘致を目的にした同州の優遇措置が理由だが、まったく別の戦略で進んでいたと思われた両社が、長期戦略を突き詰めれば同じような施策を打ち始めたのがおもしろい。

【関連記事】
JobsはSchmidtが嫌い?=AppleとGoogleの対立関係の経緯
First Look: Apple’s Massive iDataCenter

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Apple, google, Maiden, クラウドコンピューティング
ジョブズ氏がFlashをこき下ろしたという情報再び
プライバシー侵害でGoogle Buzzの調査を要請=米民間団体
【未確認情報】Apple、脱獄iPhoneをAppStoreアクセス禁止処分か?

Close