第5回ジオメディアサミット開催!【小山】

イベント, 位置情報

シリウスの関さんを中心に、有志からなるジオメディアサミット運営実行委員会(また名前変わった?)が主催する、位置情報サービスの大勉強会「第5回ジオメディアサミット」が開催されます。今回は会場をこれまで2回お世話になった立教大学から、300人収容の東京大学 駒場リサーチキャンパス コンベンションホールに移して、より盛大になる見込みです。


第1部は、当TechWaveの編集長、湯川さんによる講演「グローバルサービスとGeomedia」、第2部は不肖私ゴーガの小山がモデレータを務めさせていただく「ソーシャルプラットフォームとGeomedia」。DeNAで怪盗ロワイヤルを成功させた大塚さん、いまや100万人ユーザーを誇り位置ゲーの雄となったコロプラの馬場さん、SNSを運営する傍らmixiアプリでも好調のgumi国光さんと豪華メンバーを迎えてお届けします。10枠に増枠されたライトニングトークなど、みどころ満載のイベントのなりそうです。

LT枠の申し込みが今のところ15社ほどありましたので、3/29から3日間の投票が実施される予定です。上位10社は本編での発表、残った5社は懇親会での発表となります。3/28現在で申込者は223人。ATNDから続々と位置ゲー関係者や位置情報サービス事業者、位置ファンが申し込んでいます。これだけ多いのにキャンセルがいないのも魅力の表れでしょう。残り80人の参加を心からお待ちしています。

第5回ジオメディアサミット
http://atnd.org/events/3748

なお、すでに第6回の予定も決まっていまして、当日発表される予定です。この時点から決まっているということは、より大きなイベントになることは間違いありません。スマートフォン人気でますます広がるジオメディアに触れてみませんか。

【関連記事】
新聞とモバイルの新しいカタチ=Foursqureとカナダの地元紙が提携
ローカル広告は、クラウドソーシング、アドマーケットプレースでブレークスルーを
注目位置情報サービスの「FourSquare」日本で利用可に=狙うはローカル広告
twitterの位置情報対応で可能になった11の事業アイデア
機は熟した。これから始まるジオメディア時代

【ゲストブロガー】小山文彦

ソフトウェア開発、ウェブ開発、データ分析などの業務を展開する株式会社ゴーガ代表取締役。Google Maps開発パートナーとして、地図を活用した位置情報サイト、位置情報アプリの開発や啓蒙に努める。多くのiPhoneアプリを手がけ、iPhone向けのARライブラリを開発・販売中。ジオメディアサミット運営メンバーのひとり。Twitterアカウント:@fumy231

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in ジオメディア, ジオメディアサミット
新聞とモバイルの新しいカタチ=Foursqureとカナダの地元紙が提携
モバイル広告に照準を定めたGoogle、日本のリードは揺らぐのか
Close