Google、視線操作の「Eyefluence」を買収 VR/ARのUIを強化 【@maskin】

VR/AR

華々しくデビューしたGoogleブランドのスマホ「Piexel」とDaydream VR([速報] Googleブランドの新スマホ「Pixel」登場、衝撃の “5つの特徴” 【@maskin】 #madebygoogle)。専用のVRヘッドセットにはWiiリモコンのようなコントローラが付与するのだが、Googleはそのだけでは物足りないようだ。

Googleが次に仕掛けたのは「アイトラッキング」。つまり目線を認識する技術だ。アイトラッキング技術を使いVR/AR向けの操作環境を開発する米Eyefluence社を買収した。創業者のJim Margraff氏は、2013年にEyefluenceを創業する前は、スマートペンのLivescribeをAnoto社に売却している。

Eyefluence社は多数の知的資産を所有しており、GoogleのVR/ARラインナップに組み込まれるという見方が濃厚だ。これがVRプラットフォームのDayDreamに導入されれば、ハンズフリーでVRを楽しむことができるようになる。

Eyefluence社は、シリーズAラウンドでインテルキャピタル760万ドル。シリーズBラウンドで1400万ドルをモトローラソリューションベンチャーキャピタルおよびNHNインベストメント、Dolbyファミリーベンチャーズ、Jazzベンチャーパートナーズから調達している。今回の買収額は明らかになっていない。

【関連URL】
・Eyefluence is joining Google!
http://eyefluence.com/eyefluence-joins-google/
・Google Acquires Eyefluence, Which Has Raised $21.6 Million In VC, Signaling Continued Interest In VR/AR
https://mattermark.com/google-acquires-eyefluence-signaling-continued-interest-vrar/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 アイトラッキングといえば世界最大手のtobiiを思い浮かべるが、Eyefluenceは汎用のアイトラッキングシステムではなく(tobii社もVR向け製品は出してはいる)VRやAR向けのインターフェイスとなることを想定した技術開発をしてきた。これはDayDreamVRのみならず、過去注目を浴びたGoogleGlassのようなARプロダクトにも大きな影響をおよぼすだろう。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

PAGE TOP
ツールバーへスキップ
More in VR/AR
VR空間の人やモノに触れることができる手持ちデバイス、米Microsoft Researchが公開 【@maskin】

VRもウェブへ、米Oculusイベントの重要トピックの一つ 【@maskin】

「Vroom」iPhoneにも対応したVRコントローラー &アプリ開発SDKをオープンソース提供へ、DayDreamも対応 @maskin

Close