OBAKE PUZZLE ソニー社員 “課外活動”の高い品質

IoT, SONY

ソニーの社員の課外活動に注目が集まっています。一見すると“ただの木のパズル”にしか見えませんが、実はパズルとしてもその裏にある仕組みも興味深い内容でした。


このパズル「OBAKE PUZZLE(おばけパズル)」は、2016年4月からソニー社員が課外活動として始めたプロジェクト。ただのジグソーパズルのように見えますが、裏表がないピースのため、実際に完成させるのはかなりの難易度。

実際に直販サイトで販売をしているのですが、かわいらしいお化けのキャラクターとは裏腹、その難易度の高さにファンがじわじわ増えているようです。

現在、サイズ違いや縦積み型なのいくつかのバージョンを開発するほか、非接触給電技術を使った“目が光る”バージョンを開発中とのこと。

木のパズルにしかみえないものの、この中に基盤が納められているとのこと。

「OBAKE PUZZLE(おばけパズル)」は、パズルとしての面白さはもちろん、キャラクターの世界観、そしてIoTデバイスとしての技術チャレンジなど多面的な進化を続けています。

課外活動とはいえ、モノ作りや技術への挑戦を通じてプロダクトを世に送り込もうという意欲に満ちた取り組みだといえそうです。

【関連URL】
・おばけパズル ~みんなをまどわすOBAKEたち~
http://obakepuzzle.com

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 見た目が地味で、展示会などではその面白さに気がつかないだろう。ただ、実際に触れてみればその世界観の広さに驚くことになる。もしかすると、製品の良さや美しさは、こうした内在的な力量によってあふれ出てくるのだとしたら、見た目のキャッチーさに注力する以上の価値創造につながるのではないかと感じた。そういえば、最近のソニーの新興系製品はみんなそうだ(参考「FES Watch U 発売で始まる。SONYのロゴなし「新ソニー」」)。実は、井上氏はまさにその新規事業プログラムに関わる一人。「ソニーとして製品化もあるのでは?」と問いかけたところ「それは難しいんじゃないかなー」と謙遜されていたが、こうした作る力がソニー、ひいては日本らしさになるように感じる。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in おばけパズル, ソニー
スワロフスキーをあしらったスマートウォッチ、ソニーが販売へ

プロジェクター型Android端末 「Xperia Touch」は大ヒットになる可能性も

ファッションの未来はどうなるか?…デジタル化の先を見るソニーの展示会「eBoutique 2020」 【@maskin】

Close