VR配信の米Littlstar、SMEと日本をどう攻める? 強みはディズニーからミュージックビデオまで9000のVRコンテンツ 【@maskin】

VR/ARlittlstar, VR, ソニー・ミュージックエンタテインメント

screenshot_16

ディズニーからディスカバリーチャネルといった有力スタジオの作品やミュージックビデオまで世界最大級9000超のVR映像コンテンツラインナップを展開する米「Little Star Media」(以下、Littlstar)の配信プラットフォーム。同社は2016年8月にソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)と事業提携を果たし、日本国内での活動をスタートしている。

2016年に入り急速に画期を帯びるVR市場だが、コンテンツ・プラットフォームはおよそ数百規模の展開にとどまっている状態で、「Littlstar」の9000タイトルは群を抜いているだけでなく有力スタジオとの関係構築という面でも圧倒的にリードしている。


screenshot_13

「Littlstar Japan」は、米LittlstarとSMEの提携によって、SME社内の1プロジェクトとして日本国内向け事業としてスタートしたもので、現在は、スマートフォン向けのアプリを日本国内で展開するにとどまっているが、早い段階でHMDやTVなど(Playstation VR、Gear VR、Oculus Rift、HTC Vive、Apple TV、PC)の多様なデバイスへのサービス展開を予定している。コンテンツとしてはすでに海外で公開されているもののみならず、日本独自のコンテンツも順次提供する計画。Littlstarが技術およびサービスのプラットフォームを提供し、コンテンツ編成やマーケティングについてはSMEが担当するという座組みだ。

dsc_5965
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
デジタルコンテンツグループ VRチーム
飯田 貴晴(左)
川中 康年(真ん中)
細見 由貴子(右)

【関連URL】
・公式「Littlstar」
http://jp.littlstar.com
・Japan VR Summit 2 登壇者および出展ブースの詳細を公開 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/post-23883.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 VRにおいて、僕はゲームなどより360度動画の方が好きでいろいろなものを頻繁に視聴している。アメリカではニュースなども当たり前のようにVR動画を公開していてなかなか面白いのだが、Littlstarのコンテンツラインナップは作品としての完成度が高く群を抜いておもしろい。おそらく初めてVRコンテンツを体験する人にとっても魅力的に映るのではないだろうか。そういう意味ではLittlstarの普及はVR業界の発展につながるように感じている。ただ、注意したいのはキャズム前にあるということ。線や面を抑えてもVR普及後のビジョンがなければいずれ低迷期が訪れる。PS VRを持つソニーだけにシナジー効果は期待できるかもしれないが、その先、もっと先が早期に見えてくるようになるかが試金石となるように思うっす。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP