JR 西日本が現場にビジネスチャット導入、まずは3000アカウントから

チャットボット, 交通

外回りや店頭、工事など現場で使えるビジネスチャットとして実績を積むLisB社の「direct(ダイレクト)」(参考:現場主義のビジネスチャット「direct(ダイレクト)」の躍進)。スマホやタブレットベースの単なるコミュニケーションツールではなく、業務改善ができるアプリとして高い評価を得られている(ドン・キホーテの成長に不可欠なビジネスチャット、CEOが明らかに)状態です。

そんな「direct」ですが、LisB社は本日2017年5月11日、西日本旅客鉄道株式会社(以下 JR 西日本)に提供することを明らかにしました。導入は2017年6月1日から。当初は3000アカウントからスタートし、順次拡大するとのことです。

駅係員がタブレットで利用

目まぐるしく動く交通網の現場。JR 西日本では現場のコミュニケーションを改善したいという課題があり、それに対し「社員間の連絡、他の駅との情報共有手段として、現場の状況を画像やチャット形式でリアルタイムで共有して、迅速な対応ができるようにdirectを活用していただきます。」(LisB社 代表取締役社長 横井太輔 氏)とのことです。

独自開発のチャットボットを導入することも念頭に置いているとのことで、今後、現場をどのように変えていくか注目されます。

【関連URL】
・directメッセンジャー
https://direct4b.com/ja/index.html
・現場主義のビジネスチャット「direct(ダイレクト)」の躍進
http://techwave.jp/archives/direct-as-hands-on-bizchat-is-surging.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 シリコンバレーのものが無条件に流行る傾向のある日本。IT業界ではslackユーザーが目立つようになっているが、ほとんどがIRCの代替で旧態依然とした状態。むしろ、directを導入している、各産業の現場の方が進んでいるという状況。特に交通網という膨大な情報が行き来するだけでなく、遅延やトラブルへの迅速な対応が求められる現場だけに、ITソリューションがどのように貢献するのが興味深い。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in チャットボット, 交通
東京-横浜を6分で移動できる新交通、イーロン・マスク氏 The Boring Company -穴掘りカンパニー設立

ドン・キホーテの成長に不可欠なビジネスチャット、CEOが明らかに

DeNA、坂道の多い横浜市でロボットバスの可能性を探る

Close