Snapmart(スナップマート)、定額制プランで個人ユーザー拡大へ

C2C

C2C

スマートフォンで撮影した写真を気軽に販売することができるサービスとして2016年6月1日にスタートして脚光を浴びた「スナップマート」。1年間に1400社が写真を購入していますが、さらなる成長のために新たに始めたのが月額990円(税込 ...

記事を読む

メルカリもツケ払い、翌月一括払い試験運用開始

C2C

C2C

メルカリは本日2017年6月5日、購入した商品の代金の支払いを翌月まとめて行うことができる「メルカリ月イチ払い」の試験運用を開始しました。

上限金額は2万円で、後払い一回あたりの手数料は100円となっています。支払いはコン ...

記事を読む

メルカリ、イギリスでサービス提供開始

C2C, EU, London

C2C, EU, London

個人間売買を目的としたフリマアプリはすっかり市民権を得たようです。業界大手の「メルカリ」の日本でのダウンロード数は4000万。メルカリは海外にも注目しており2014年9月に本格参入したアメリカでは2000万ダウンロードまで成長しまし ...

記事を読む

Airbnbが民泊の次へと拡大、新サービス「トリップ(Trips)」で地元と旅人との豊かな経験を創造する 【@maskin】

C2C

C2C

空いた部屋や住宅を貸すいわゆる「民泊」サービスを展開する米Airbnbは2016年11月18日、多数の機能をアップデートするとともに新たなサービスを拡充した。目玉となるのは「トリップ(Trips)」と呼ばれるもので、大きく「Place ...

記事を読む

Facebookがフリマ参入 【@maskin】

C2C

C2C

米Facebookは2016年10月3日、フリーマーケット型の個人間売買プラットフォーム「Marketplace」をスタートした。地域に絞ったアイテム探しが特徴で、支払いや配達関連のサービスは提供しない。18歳以上のアメリカ、イギリス ...

記事を読む

メルカリ、「Ingress二次創作物」の公式販売可能に【@maskin】

C2C

C2C

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは2016年6月13日、位置情報ゲーム「Ingress」を運営する米Niantic,Inc.と提携することを発表した。Ingressをモチーフとした二次創作物を販売できるメーカー公式の仕組み ...

記事を読む

PAGE TOP