Facebookが200ドルの「スタンドアロン Oculus VR ヘッドセット」を計画(米報道)

News, VR/AR/MR

VRヘッドセットの決定打が2018年にも登場するかもしれません。

米Bloombergの報道によれば、Facebookはスタンドアロンで動作するVRヘッドセットを2018年に200ドルで発売する計画だとのことです。

それはコードネーム「Pacific Ocean」と呼ばれ、高性能のPCに接続する400ー500ドルのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と、スマホを使った100ドル前後の安価なヘッドセットの中間に位置づけられるデバイスとのことで、PCやスマホに接続する必要はなく、単体で無線通信によってVR空間をブラウズすることができるとのことです。

スタンドアロンのVRヘッドセットは開発者向け年次会議「Oculus Connect」で開発が伝えらえていました。

モバイルVRチップが業界を加熱させる

VRに適したクアルコムのモバイル向けチップ「Snapdragon」を使ったヘッドセットはすでに新興企業からリリース(参考「「pico neo」は2017年に日本発売、世界初のSnapDragon 820VR搭載 スタンドアロンVRヘッドセット 【@maskin】 #jvrs #jvrs2」)されており、Facebookの200ドルヘッドセットも同じSnapdragonベースになる見込みです。

それ以外でもHTCやLenovoグループがスタンドアロンヘッドセットの開発を進めているとみられており、さらにVR事業本格参入噂の絶えないAppleも参戦するとなると一気にVRヘッドセット分野での競争が激化しそうです。

【関連URL】
・Facebook Plans to Unveil a $200 Wireless Oculus VR Headset for 2018
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-07-13/facebook-said-to-plan-200-wireless-oculus-vr-headset-for-2018

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 VR業界の焦点はマス化。イノベーター&アーリーアダプター層のおもちゃとして小さく収まってはいけない。現状は、コンテンツも実用的ツールも、基礎技術も、デバイスもあらゆる領域で一気に前進している状態。あとは成長と普及のスパイラルが起こるかどうかというフェーズ。200ドルのスタンドアロンヘッドセットが、一般的な所有物となるには現状を超えた魅力が必要だが、仮に透過ディスプレイでMR(ミクスドリアリティ)まではいかないにしても日常利用が可能なカジュアルさと機能性があるのだとしたら(Snapchatのカメラ付きサングラスのように)大化けするかもしれない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Oculus VR, Pacific Ocean, snapdragon, VR
3DモデルをVRに再現するビューワー「SYMMETRY ALPHA」の登場間近 スタートアップのDVERSE社 @maskin #vr

VR配信の米Littlstar、SMEと日本をどう攻める? 強みはディズニーからミュージックビデオまで9000のVRコンテンツ 【@maskin】

「pico neo」は2017年に日本発売、世界初のSnapDragon 820VR搭載 スタンドアロンVRヘッドセット 【@maskin】 #jvrs #jvrs2

Close