LINEが3億ユーザー突破、成長加速で2014年にも5億を射程に 【@maskin】

Newsline


[読了時間: 2分]

 LINEが運営するスマホコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」のユーザー数が2013年11月25日、午後2時43分頃、全世界の累計で3億を突破した。

 東京・渋谷のLINEのオフィスが入るヒカリエの27階特設会場には、社員が集まり、この瞬間を祝い互いを称えた。

R0012630
LINE代表取締役 森川亮氏(右)と 執行役員 / CSMO 舛田淳氏





 LINEは2011年6月23日、NAVER Japanの数あるアプリシリーズの一つとしてリリース。

 2013年1月に、日本発のツール系サービスとしては異例の1億ユーザーを突破(日本IT業界の金字塔、 LINE (ライン)が遂に1億ユーザー突破

 2013年5月には(LINEの成長スピードがさらに加速、1億5000万ユーザー突破)。同年7月に2億ユーザーを突破した。

 もっともユーザー数が多いのは日本(5000万超)だが、80%が海外で構成されており、最近では東アジアやスペイン語圏でユーザー数を伸ばすだけでなく、各国でのマーケティング施策の効果が出ているという。

 特に1億ユーザー突破から2億、そしてさらに3億という急成長ぶりは日本はもちろん世界でも稀有な事象と言ってもいい。これをうけ、LINEは、2014年中に5億ユーザーを突破する目標を表明している。


LINE成長の歴史

(2012/11/19現在)
・2011年3月11日 東日本大震災で役員は九州で業務遂行、社員は自宅待機という事態に
・2011年4月に企画スタート、UIデザインから詰めていく。コンセプトには311の絆が影響
・2011年6月23日サービスイン、「ほとんどの人がピンときてない」状態
・2011年7月15日 NHN Groupとして初の日本初の世界展開アプリに
・ 2011年9月末 100万ユーザー、女性7割。日本以外の国、中東、韓国、アメリカ、アジア、欧米圏でダウンロード数が急増している状態。
・2011年10月4日、3Gでも使用できる無料通話機能リリース、スタンプ機能もこの際実装。プラットフォーム化を明言。
・2011年10月14日、200万ダウンロード突破
・2011年10月17日、300万ダウンロードを達成した
・2011年10月19日、まさかのiPhone版のダウンロード停止
・2011年11月1日、iPhone版App Storeでの公開再開
・2011年11月8日、500万ダウンロードを達成(世界108か国に利用者)
・2011年1月1日、 NHN Group合併
・ 2012年1月17日、1500万ダウンロード
・2012年3月5日、2000万ダウンロード
・2012年3月7日、PC版とタブレット版がリリース
・2012年3月27日、2500万登録ユーザー突破(ダウンロードという表現から登録ユーザーという表現方法が変更されている。フィーチャーフォンも増加(全体の5%)しているため)。
・2012年4月18日、3000万ユーザー突破
・2012年4月26日、スタンプショップ開設出だし好調
・2012年4月13日、LINE CameraがAndroid版から公開開始
・2012年5月10日、LINE Cameraが500万ダウンロード突破
・2012年6月6日、世界4000万ユーザー突破(国内1800万人)
・2012年7月3日、プラットフォーム事業展開を発表「Hello, Friends in Tokyo 2012
・2012年9月10日、世界6000万ユーザー突破 (国内3200万)
・2012年11月15日、世界7500万ユーザー達成、国内3400万
・2012年11月、iTunes App Store および Googl Play双方で売上世界トップ (AppAnnie)

・2012年12月 ビジネスアカウント「LINE@」開始予定
・2013年1月 LINE (ライン)が遂に1億ユーザー突破
http://techwave.jp/archives/51776594.html
・2013年5月1日 LINEの成長スピードがさらに加速、1億5000万ユーザー突破
・2013年7月21日 2億ユーザー突破


49004b5b-s



【関連URL】
・LINE登録ユーザー数が世界3億人を突破!記念ムービーとLINEの今が分かるデータを公開
http://lineblog.naver.jp/archives/34348987.html
・日本IT業界の金字塔、 LINE (ライン)が遂に1億ユーザー突破 【増田 @maskin】
http://techwave.jp/archives/51776594.html
・「ほとんどの人がピンときてなかった」LINE、世界2500万ユーザー突破の軌跡【増田(@maskin)真樹】
http://techwave.jp/archives/51711652.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 社員の方からは「予想外に早かった」という声が。1億のセレモニー時点とのLINE社内の雰囲気の違いは、「バタバタと何とかやってきた」から「世界に向けけ」というトーンにになっていること。さあ、いよいよ、ウェブやアプリの領域で日本が世界を制覇することが夢ではなくなってきた。一方で日本のユーザーは5000万超と「上げ止まり?」という声も記者から出たが、日本はまだスマホ普及の余地は残っているわけで、そんなわけがない。
LINEの成長についていろいろいう人もいるけど、「小さくて大切な対話」を大切にユーザーの目線になって考えてきたことにほかならないし、今回のセレモニーではそれをかなり強く出張されていてジーンとした。というか、最前列で泣いた
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング → 海外技術&製品の発掘 & ローカライズ → 週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSのサービス立ち上げに関与。坂本龍一氏などが参加するグループブログ立ち上げなどを主導した。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。生んでは伝えるというスタイルで、イノベーターを現場目線で支援するコンセプト「BreakThroughTogether」でTechWaveをリボーン中 (詳しいプロフィールはこちら)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

Newsline

Posted by maskin